Top

気鋭クリエイターである俺の「俺情報」をいち早く発信!
by petro-atin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2011大晦日 in 博多
2011年とうとう終わりです。
僕は伸ばしっぱなしだった髪の毛を切りました。
ばっさりと。
遊びながら。

d0206245_202469.jpg

d0206245_2024191.jpg




d0206245_20251659.jpg



d0206245_2025568.jpg

d0206245_2026965.jpg


もうすぐでNEW YEARです。

d0206245_20263060.jpg

年越しそばを頂いて、アマテラス様に挨拶しに、高千穂まで行ってきます。
d0206245_2026482.jpg

良いお年を〜!
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-31 20:21 | 【日記】
帰路に途中、大阪で旧友と・・んで一泊。
30日、bl2と西の方へ流れ出た俺らは、ふら〜っと大阪に寄り、和弥の家に一泊することに。
d0206245_11563560.jpg

d0206245_11565346.jpg

d0206245_11571288.jpg

d0206245_11572577.jpg

d0206245_11574385.jpg

d0206245_11575639.jpg

d0206245_1158985.jpg

d0206245_1158237.jpg

d0206245_11583610.jpg

d0206245_11584812.jpg

謙次郎とは久々だったなぁ。元気そうで良かった。
今度はまた昼間からみんなで串カツ屋で飲もうや〜。
そっから九州に流れでました。
d0206245_11585925.jpg

d0206245_11591290.jpg

d0206245_11592372.jpg

おかんが作るかしわの煮付けはめちゃ美味い!
明日坊主にします。
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-30 22:44 | 【日記】
死海文書
こちらのサイトから抜粋
d0206245_13573632.jpg

『死海文書』とは何か?

 1947年、春のことである。場所は中東。死海の北西岸、「クムラン」と呼ばれる地域で、3人のベドウィンの羊飼いの少年が、逃げた羊を捜していた。

 死海は、ヨルダンとイスラエルの国境にある塩湖。湖面は海面下400メートル、地上で最も低い場所だ。周りには洞窟も多い。

 羊飼いは、羊の姿を追って洞窟を一つ一つ覗いていった。と、ある洞窟で不思議な物を発見する。

 それは、高さ60センチほどの壷であった。数は10個。中を検めてみると、奇妙な文字の書かれた多数の巻物が出てきたところどころちぎれ、饐えた臭いを発しているところから見て、相当古い物のようだった。が、埃を払って良く見ると、記された文字は、まるで昨日書かれたかのように鮮明だったのである。しかも、巻物の表面は滑らかで、妙に艶めいてさえいた。

 少年はとりあえず、それらを持ち帰った。これが、今世紀最大の発見と称される『死海文書』の、最初の発見であった。巻物は、同じ年の3月にエルサレムの聖マルコ修道院の大主教アタナシウス・イェシュア・サミュエリの手に渡った。

 巻物を一目見て、大主教は我が目を疑った。そこに書かれていたのは、2000年も前に死語になった古代ヘブライ語だったのである。とすれば、当然この巻物は、少なくとも2000年以上も前の物ということになる。

 試みに、彼は巻物の端を切り取って焼いてみた。すると、皮革の焦げる臭いに混じって、これまで嗅いだ事の無い奇妙な匂いが立ち込めたのである。

 この巻物には、何らかの防腐処理が施されているのではないか、と彼は思った。2000年も前の物でありながら文字が鮮明なのは、その為かもしれない。

 しかし、多くの古文書に接してきた彼も、このような防腐処理のことなど聞いたことが無かった。もしもそうなら、この巻物を製作した人間たちは、未知の防腐処理により、この巻物を悠久の未来まで残そうとしたことになる。

 では、一体誰がどのようなメッセージを?

 彼は、様々な専門家にこの巻物を見せた。その相談に乗った一人が、ヘブライ大学教授、エレアザル・スケーニクであった。ほとんどの学者達が、この巻物を無視した中で、スケーニクはその価値を見抜いた。彼の鑑定により、この巻物の全貌が徐々に明かされろ事となるのだ。

だが、巻物表面に施された防腐処理剤だけは、いかなる化学分析をもってしても、その成分は突き止められなかったのである。

『死海文書』だけの『聖書』にない予言

 『死海文書』は、その後の発掘調査などでぞくぞく発見された。

 いずれも古代ユダヤ教の聖典群で、『旧約聖書』の代表的予言書である「イザヤ書」の2つの立派な写本をはじめ、多くの『旧約聖書』の写本が含まれていた。

 これらの写本は、それまでに知られていた主要なヘブライ語写本よりも1000年近くも古い物であり、『旧約聖書』の研究においては、画期的な意味を持つ物であった。

 だが、更に興味深いのは、写本の中に、これまでいかなる文献にも登場したことがなく、聖書学の専門家でさえその存在を知らなかった、謎の文書群が含まれていたことだ。

 その謎の文書群とは、大別して次の7つ。

①「宗規要覧・会衆規定」:宗教結社の戒律が記された書。『死海文書』を製作した教団内の宗規であるとともに、「世の終わりの集まったイスラエルの全会衆のための規律である」と記されており、、終末時の地獄の業火が象徴的に描写されている。そのとき、「アロンのメシア」「イスラエルのメシア」と呼ばれる2人の救世主が現れるという。

②「感謝の詩編」:20の詩編からなる。宇宙的な規模の破局を描いた壮大な叙事詩であり、来るべき人類の破滅の様相が非常、かつ克明に描写されている。

③「光の子と闇の子の戦い」(「戦いの書」):「光の子」と「闇の子」と呼ばれる2派の戦いが記されている。

④「ハバクク書注解」:『旧約聖書』にある予言書「ハバクク書」の注解という形をとる予言書。

⑤「外典創世記」:ヘブライ語の方言の一つ、アラム語で書かれている。『旧約聖書』の「創世記」の物語の異本。

⑥「モーセの言葉」:神がモーセを召して命じた言葉に始まり、次にモーセがイスラエルの全会衆に語った決別の言葉が続く。

⑦「奥義の書」:「秘密」もしくは「奥義」を意味する語が頻出する謎の文書。「奥義の黙示」とも言われる。
これらの文書は、いずれも羊皮紙がパピルスの巻物にインクで書かれていたが、それ以外に、銅板に彫り付けた物もあった。

 そして、この銅板こそ、この謎の文書を書いた人々の正体を突き止める、最大の手がかりとなったのである。というのも、そこには莫大な金銀財宝の隠し場所と、その所有者と目される「クムラン宗団」の名が記されていたのだ・・・・
続きはこちら
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-28 13:55 | 【謎】
ヴォイニッチ手稿
ヴォイニッチ手稿とは、 1912年イタリアで発見された古文書。暗号とおぼしき未知の文字で記され、多数の彩色挿し絵が描かれている。
d0206245_13502929.jpg

14世紀から16世紀頃に作られたと考えられている古文書。
全230ページからなり、未知の言語で書かれた文章と現代の地球には存在しない植物など様々な彩色された挿絵から構成されている。
文章に使用されている言語は、単なるデタラメではなく言語学的解析に照らし合わせ、
何らかの言語として成立機能している傍証が得られているため、一種の暗号であると考えられているが内容は不明。

手稿には記号システムが確認されている特殊な文字によって何かの詳細な説明らしき文章が多数並んでおり、ページの上部や左右にはかなり緻密な植物や花の彩色画が描かれている。植物の絵が多いが、それ以外にも、銀河や星雲に見える絵や、精子のように見える絵、複雑な給水配管のような絵、プールや浴槽に浸かった女性の絵などの不可解な挿し絵が多数描かれている。
暗号が解読できないため挿し絵の分析から内容を推測する試みもなされたが、成功していない。描かれている植物の絵などは実在する植物の精緻なスケッチのようにも見えるが、詳細に調べても描かれているような植物は実在せず、何のためにこれほど詳細な架空の(と考えられる)植物の挿し絵が入っているのか理由は定かでない。

文字部分の拡大図。単語の反復が異常に多いこと、冠詞と名詞のように対になって現れる単語がほとんどないことは分かっている
挿し絵のなかに浴槽に浸った女性の絵があり、この絵についてレヴィトフは、中世南フランスで12世紀から13世紀ごろ栄えたキリスト教の異端教派とされるカタリ派の「臨終(または宗教的な自殺)」の儀式のさまを現していると主張した。手稿全体もカタリ派の教義書か関連文書であると主張したが、仮説にすぎず、反論もある。また描かれた女性は全裸であり、このことから服飾に基く執筆当時の時代判定も困難である。
暗号文を言語学の統計的手法で解析した結果、本文はでたらめな文字列ではなく、自然言語か人工言語のように確かな意味を持つ文章列であると判断されたが、なお解読されていない。
発見当初と初期の暗号解読研究では画期的な内容が記されている可能性が考えられ、解読に対し大きな期待がかけられた。しかし、今日ではどのような暗号なのかという知的興味と解読することへの知的挑戦において魅力があるが、内容はもし解読できたとしてもそれほど驚くべきものではないだろうという意見が大勢を占めている。例えば、反復する出現パターンに着目し、既存の文字譜(文字で表記された楽譜)との類似性を指摘した見方もある[2]。また、後述のように全くのでたらめであるとの説も有力である。
また、この手稿は一種のアウトサイダー・アートであり「解読」しようとする試みそのものが無意味であるとの意見も存在するが、これも仮説の域を出るものではない。
⬆️Wikipediaより

何か気になって調べてみたら、このやり取りがおもしろかったので暇な方チェックしてみてください。
記憶が2つあるやつの話
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-28 13:50 | 【謎】
SHINOBU’S BRAIN IN THE SOUP FULL2
下北沢シアター711に行ってきました。
久々の舞台です。
d0206245_10545444.jpg

d0206245_10451688.jpg
d0206245_10453422.jpg

4週間連続でやるっつ〜のはすごいですよね。
僕は一週目のマザーフッカーと四週目のPAINを鑑賞しました。
特にPAINはやられました。
あんなに釘付けになったのは初めてだったかも。
また是非行きたい。

そっから忘年会。
d0206245_10593393.jpg

d0206245_110105.jpg

d0206245_1104048.jpg
d0206245_1102966.jpg

d0206245_111173.jpg

d0206245_11114100.jpg

酒は怖いよね。
ほとんど覚えてないからね。
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-25 10:41 | 【日記】
SOWLとお絵描きの日。
HARD TO SWALLOWSのラストシーンの部屋がいまいちだったので、SOWLと絵を描く事になったのです。まずはキャンパス作りから〜・・・
d0206245_11503290.jpg

d0206245_11505354.jpg

d0206245_1151751.jpg

d0206245_11512027.jpg

d0206245_1152633.jpg

d0206245_11514336.jpg

d0206245_11522081.jpg

d0206245_11523989.jpg

d0206245_11525488.jpg

d0206245_1153766.jpg

d0206245_11532245.jpg

d0206245_11544221.jpg

d0206245_11533734.jpg
d0206245_11535818.jpg
d0206245_11541477.jpg

SOWLお疲れさまでした。
撮影はこういう感じに仕上がっております。
d0206245_1155592.jpg


これからATINのアジトはどんどん進化していきそうだな。
もっともっと作品を作っていきたいんやぁ!!
d0206245_1204443.jpg

[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-22 11:33 | 【日記】
TOOLAGITからの〜
日が暮れて、渋谷へGO!
TOOL AGITへ。

将太に絵をプレゼント。
d0206245_11265930.jpg

d0206245_11272171.jpg

23歳おめでとう。若いって良いね〜。頑張れ〜。
d0206245_11273746.jpg
d0206245_11275156.jpg

d0206245_1128522.jpg

そっから1人で西麻布に流れて真吾の所へ。
結局朝まで飲んでしまった。
お酒怖しっ!
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-18 08:00 | 【日記】
免許更新
夜明けまで仕事して、帰ってそのまま府中試験所に向かい、免許更新。
ギリギリセーフで更新しました。
d0206245_1118970.jpg

d0206245_11183354.jpg

d0206245_11184520.jpg

ビフォーアフターを比べて自分で笑ってしまった。
痩せすぎやろ(笑)
こんな調子でおっさんになっていくのかと思うと嫌になるね。
老い怖いわ〜。
3年でこんな痩せこけて・・・
誰か援助して下さい。
あなたのその優しい気持ち、・・・待ってます。
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-16 12:00 | 【日記】
2011年末に向けて
ども〜
アナルNGでお馴染みのヤッヒーで〜す。
入れるのも入れられるのも受けつけてまっせ〜ん!!
いぇ〜い!
と、
冗談はここまでにしておきまして、

みなさん調子はいかがでしょうか?
僕は普通です。
でもちょっと弱ってます。
この前の日曜日・・・ちょっとやらかしたんすよ。
あそこまで飲むはずじゃなかったのに!!
いや〜まったく記憶がなく、ベロンベロンに酔っぱらってたらしいんすけど、
いや〜・・・・やっちゃいましたね〜。
想像をはるかに超えたとんでもない恥ずかしい事をやっちゃいましたよ。
いや、言いませんけど・・・
いや、言えません。
これは本当言ったらいかんやつやから。
すんません。
ってな事で。
皆さんも年末ですからね〜。
飲み過ぎには注意ですよ。
しっかり終わらせるもん終わらして。良い年を越しましょう。
とりあえず、HTSの編集を終わらせて、RSも形にして、
すっきりした気持ちでいきたいですね!!

今年の年越しはたぶん大阪です。
猿と小猿とゴリラに呼び出されましてん。
また笑いすぎて筋肉痛になるんやろうなぁ(笑)
こっちからも1匹、たぬき連れていくさかい、
楽しみに待ってとれよ。

そして!!
2012年に向けて、オカルト大好きな俺は、パワースポット巡りツアーを観光しようと思ってるのだった。
ほんまはインドに行きたかったんやけど、
仏様から神様に変わって、

d0206245_21172678.jpg

三重


d0206245_2127593.jpg

奈良


d0206245_2137022.jpg

大阪


d0206245_21413041.jpg

福岡


d0206245_21543576.jpg

宮崎

を敢行します。
結構ハードやな。
来年こそは海外行くぞ!

と、5年も前から言っている。
ではまた。
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-06 21:57 | 【日記】
| ページトップ |


外部リンク
検索
カテゴリ
最新の記事
GW
at 2015-05-03 12:06
クランクアップ
at 2015-04-28 19:08
助監督は・・・
at 2014-12-07 00:07
北九州監禁殺人事件
at 2014-06-06 13:12
ホドロフスキーと禅
at 2014-04-28 23:00
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin