Top

気鋭クリエイターである俺の「俺情報」をいち早く発信!
by petro-atin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
旧作100円
全国どこでもそうか知らないけど、ゲオって旧作100円でレンタル出来るよね〜
映画見るの大好きな俺からしたら、とても経済的で助かります。
しかしつい借りすぎて、用事がなければ連続で1日中ずっと映画を見てしまい、最初見た映画は記憶に入ってない事もしばしば・・・。それって凄く勿体無いような気がする。

俺は自主映画を撮り続けていきたく、もちろんそれで成り上がりたいと思ってる。
色んな作品を作って、色んな人たちに観てもらいたいと思ってる。
少しでも良いから、何か感じてくれればそれでいい。

今度、モノクロ映画を撮ろうと思っていて、格好良いカットが撮りたいので、写真や映画等でアングルを研究している。まぁ研究って言ったって、頭に入っても、ちっとも参考にならないのだけど・・・。
それでも、そう言うのを観ないと気が済まない。
心揺さぶる表情の撮り方や、シーンに合った風景の選び方、何かを思わせる意味深なカット。
最近借りる映画はシナリオよりも、そう言う撮影の好みで選んでいる事が多い。
しかし、そういう格好良いアングルで撮られた映画は、面白い映画がほとんどだ。
こだわった撮影をしてあるから、物語が一層引き立てられるようだ。

でもね、見すぎるのって本当は良くない。
自分の作品がぼやけてくるんだ。
良いと思ってたのが、そうでも無いと思ってきたりして・・・
色んなのに影響されるのは良いかもしれないが、そうとも言えないね。


では、まだ眠たくないので、借りた映画を紹介〜

d0206245_13353712.jpg【SMOKE】舞台はニューヨーク市ブルックリン。そこにある1軒のタバコ屋に通う小説家ポール。ポールの命の恩人となった謎の少年ラシード。ラシードが通ってはじっと見つめている郊外のガソリンスタンドの店長サイラス。そしてタバコ屋の主人オーギー。オーギーの元妻ルビー。ルビーの娘で、父親はオーギーだというフェリシティ。ブルックリンに生きる人々の姿を、過去現在、嘘とホントを巧みに織り交ぜながら詩情豊かに描き出したヒューマンドラマです。
 タバコ屋の主人オーギーに扮するのはハーヴェイ・カイテル。小説家ポールを演じるのはウィリアム・ハート。様々な登場人物の様々なエピソードの中でも、終盤にオーギーがポールに話すクリスマスの話は素晴らしい。オーギーがただ淡々と話をするだけなのに、彼の表情や言葉1つ1つがとても心に感動を与えてくれます。
 


d0206245_13435472.jpg【BROWN BUNNY】ヴィンセント・ギャロ主演監督『ブラウン・バニー』は、愛する女性を失った男の壮絶な渇望感を描いたロードムービーだ。その途方もない渇望感が、まっすぐに続く道や平原など直線的なアメリカの風景と重なり合う、キレイな映画だ。固定カメラでずっと撮る続けるという技法も独特で、まさにギャロの俺様流なロードムービーに仕上がっている。この映画は賛否両論で、ダメな人は長くて観るのが辛いかも。カンヌでも酷評でギャロも逆ギレしてたらしいよ。元恋人役のクロエ・セヴィニーも本当の元カノらしく、共演を断ってきたのにも関わらず、この作品では彼女をヒロインにした。彼女も二つ返事でOK出したらしい。彼女でしか出来ないと、撮影もずっと一緒に過ごし、恋もしていた。ラストシーンには驚いたが、俺はこの映画は芸術的で愛らしく切なくて素晴らしいと思う。



d0206245_143249.jpg【酔いどれ詩人になるまえに】 舞台はアメリカの田舎ミネソタ州ツインシティのセントポールとミネアポリス(例の橋が落ちて大騒ぎの場所)。ヘンリー・チナスキー(マット・ディロン)は酒のせいで職業を転々としている。仕事中は煙草を吸うなと言われれば吸うし、酔っ払い運転で何十回も捕まっているのにタクシー運転手に志願する。氷の運搬中に氷室の扉を開けて走り、着いたら水だけなんて失敗を繰り返す。それでも自分は言葉を愛する詩人だという自負がある。長編小説を書く準備は出来ていないが、詩や短編を毎週出版社に送り続ける。でも売れない。生活のためその場しのぎの仕事を渡り歩いているが、何をやっても続かない。その日暮らしの酔っぱらい。バーで出会った女ジャン(リリー・テイラー)と同棲するが、二人して飲んだくれ。酒とセックスだけ。別の女ローラ(マリサ・トーメイ)の所に転がり込んでも落ち着かない。彼らを繋ぐ共通項は酒だけ。
この映画は手に届く所に置いておきたい作品のひとつだ。自分もだらしなく、その日暮らしの枠から抜け出せないで考えてばかりいるが、これを見ると俺も頑張ろう〜ってなる。マット・ディロンは格好良い俳優だが、この映画を見て余計好きになった。


昔、この映画のDVD持っていたけど、どこに行ったんだろ〜
売ったのか、貸したのか、覚えてない〜
ま、300円だから良いか〜
さ〜て、そろそろ寝ましょう。
起きれるかな〜
ブログ楽しいな〜。
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2010-11-29 14:24 | 【映画】
ニーチェの言葉
哲学とは何か?
人生をまだ30年しか生きていない私が偉そうに語る事は出来ないが、人それぞれの価値観は違う。
それこそが、人それぞれが持つ哲学である訳で、皆持っているだろうし、私も持っている。
d0206245_11214126.jpg


相方のSOWLが購入したこの本を読んだんだが、分かりやすくて、すんなり読めた。
俺が知らないだけかもしれないが、哲学書と言えば、固い感じで遠回しな表現の文章ばっかで、あまり読む気になれない。
学問の一つだか何だか知らないが難しくて固い苦しい感じがする。
哲学と言っても、もちろん一言ではとても表せられる事ではないだろうし、だから分からない言葉も多そうで、難しそう。それに哲学者それぞれの哲学があるだろうから、理解出来る事もあれば、出来ない事もある。
集中力がある日なら読めるかな〜。日によるな。

だけど、この本は哲学者ニーチェの言葉の中から現代人のためになるものを選別して編纂されている。読みやすいし、わかりやすい。
彼の洞察力は鋭く、急所を付くような視点、力強い生気、不屈の魂、高みを目指す意思が新しい名文句とも言える単文で発せられるから、多くの人の耳と心に残る。
俺も読んでみて、理解も出来て、興奮した。

その中でも、好きな文章を紹介〜

安易な人生を送りたいなら
この人生を簡単に、そして安楽に過ごしていきたいというのか。
だったら、常に群れてやまない人々の中に混じるがいい。
そして、いつも群衆と一緒につるんで、ついには自分というものを忘れ去って生きていくがいい。【力への意思】

体験では足りない
確かに体験は重要だ。体験によって人は成長することができる。しかし、様々な体験を多くしたからといって、他の人よりも優れていると言うことはできない。
体験しても、あとでよく考察しなかったら、何にもならないのだ。どんな体験をしても、深く考えてみることがなければ、よく噛まずに食べて下痢を繰り返すようなことになる。つまり、体験から何も学べていないし、何も身につかないということだ。【漂泊者とその影】

四つの徳を持て
自分自身と友人に対しては、いつも誠実であれ。
敵に対しては勇気を持て。
敗者に対しては、寛容さを持て。
その他あらゆる場合については、常に礼儀を保て。【曙光】

必要な鈍さ
いつも敏感で鋭くある必要はない。特に人との交わりにおいては、相手のなんらかの行為や考えの動機を見抜いても知らぬ風でいるような、一種の偽りの鈍さが必要だ。
また、言葉をできるだけ好意的に解釈することだ。
そして、相手をたいせつな人として扱う。しかし、こちらが気を遣っているふうには決して見せない。相手よりも鈍い感じでいる。
これらは社交のコツであるし、人へのいたわりともなる。【人間的な、あまりに人間的な】

勝つなら圧倒的に勝て
競争においては、かろうじて相手に勝つというのはあまりよろしくない。勝つのならば、僅差ではなく、圧倒的な差をつけて勝つのがよい。そうすれば、相手は「もう少しだったのに」と言う悔しい思いも自責の念を持つこともない。それどころか、かえって清々しい気持ちで素直に相手の勝利を讃えることができる。
相手をはずかしめるようなきわどい勝利や、微妙な勝ち方、遺恨を生むような勝ち方は良くない。それが勝利者のマナーというものだ。【人間的な、あまりに人間的な】

夢に責任を取る勇気を
過去には責任を取ろうとするのに、どうして夢に責任を取ろうとはしないのか。
それは自分の夢ではないか。自分の夢はこれだと高く掲げたものではないのか。
それほど弱いのか、勇気がないのか。それは自分だけの夢ではないのか。
最初から自分の夢に責任を取るつもりがないのなら、いつまでも夢が叶えられないではないか。【曙光】

いつかは死ぬのだから
死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。
いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。
時間は限られているのだから、チャンスはいつも今だ。
嘆きわめくことなんか、オペラの役者にまかせておけ。【力への意思】


全体的にニーチェの哲学って面白いな〜って思います。
とても理解出来るし、勉強になりました。
僕も分かっているのだけど、口だけで、やれてない事がほとんどで・・・
とりあえず、今日もアルバイト頑張るぞ!
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2010-11-29 12:40 | 【本】
陰謀説
誰も本当の事なんか知らない方が良いんじゃないか、と思う。
快楽と同じで知ってしまうと、それから抜け出せなくなるような・・・。
しかし、知りたいのは人間の性。
これまでの様々な事件、これから起きる事、噂の真相、都市伝説・・・
エビバディ!真実を知りたくないか〜!!
そう言うのを紹介するコーナーです。
へぇ〜、そうなんだ〜と思ってもらえたら本望。
後は好きに追求して下さいな。

はい、その第一弾。
陰謀説

もしも、俺らと同じ人間が俺らの住むこの世界を色んな事して、裏でコントロールしてるとしよう。
みんなはどう思う。

俺はそういうの興味もあるし、真実はもちろん知りたいが、知った所でぶっちゃけ・・
それで?って感じ。

正直、俺が生きる現実において、俺に対して何か影響があるのか?
俺がただのバカなのか?
俺たちは気づいていないだけか?
もう俺たちは洗脳されてるのか?
果たしてそれは本当だろうか。

HAARPって知ってるかい?
HAARPとは、High Frequency Active Auroral Research Program (超短波による、オーロラ活動研究プログラム)って言う、アメリカにある凄い施設なんだけど、気象や地震まで操れる気象兵器
世界中で起きているハリケーン、洪水、地震、様々な自然災害はこのHAARPで起こしているって、友達が言ってたけど、それは本当か?

俺たち日本人達にはあまり関係ないかもしれない。
知ってる人も多いだろうが、911事件はでっち上げだと言う。確かに不可解な点が多すぎる。
戦争をする為のアメリカの自作自演らしい。

9.11 ミステリー1 911事件の謎


9.11 ミステリー2 911事件の謎


この人が誰だか知ってますか?
d0206245_9164926.jpg

この人はアメリカの映画監督アーロン・ルッソって言う人で、2006年en::Alex Jonesとのインタビューにおいて、ロックフェラー一族でCFR(外交問題評議会)上級メンバーであるニコラス・ロックフェラー(Nicholas Rockefeller)から、911事件発生の11ヶ月前に、「New World Order[82]」構想の実現計画の一環として次のような話を聞かされ、ニコラス・ロックフェラーのグループに参加するよう勧誘された、と言う。右のマリオみたいな人がニコラス・ロックフェラー。

「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ (1 of 2)


「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ (2 of 2)


このアーロン・ルッソって人は2007年にお亡くなりになりました。死因は不明。
謎だらけの世の中ですね。
真実はどこへ・・・。
では、ごきげんよう〜
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2010-11-29 10:13 | 【謎】
CONTROL
d0206245_5303081.jpg
監督:アントン・コービン
出演:サム・ライリー,サマンサ・モートン,アレクサンドラ・マリア・ララ,ジョー・アンダーソン,トビー・ケベル

ストーリー:イングランド北西部の田舎町で育ったイアン・カーティス。彼はやがてデボラと恋に落ち、若くして彼女と結婚。職業安定所の仕事をしながら、『ジョイ・ディヴィジョン』というバンドの活動にも精を出していた。バンドが軌道に乗り始めたころ、癲癇の発作がイアンを襲うのだが・・・・。

評:1970年末~1980年まで活動していたイギリスのロックバンド『ジョイ・ディヴィジョン』。
そのボーカルを務めていたイアン・カーティスの半生を、彼の妻デボラの著書をベースに映画化した作品。


想像以上に面白かった。
白黒映画に挑戦したく、色々研究してるんだけど、これはかなり参考になった。脚本も良いし、演技も良いし、撮影のアングルもセンスがかなりセンスが良い。最近バンドムービーが流行ってるけど、その中でも、この映画はダントツじゃなかろうか。
舞台は70年代のイギリスで、時代背景もそうだけどモノクロ映画は古くさいイメージがあるんだが、逆にこの映画はカラーの映画より新鮮さを感じた。
色が無い分、景色や背景、人物の表情一つ一つがアートチックに見えて、芸術さも感じられた。
暇なら是非鑑賞あれ。

d0206245_527545.jpg
バンドムービーと言えば、他にも好きな映画がある。
【ヘドウィグ アンド アングリーインチ】
この映画は主人公がゲイで、本当だったら生理的に受けつけないんだが、好きな映画だ。監督が主演を努め、見事にオカマのロックミューシャンを演じている。同性愛者らしい、気持ち悪いシーンはさておき、物語全部を通してみると面白い作品と言えよう。


d0206245_5471710.jpg
【グリッドロック】
以外にこの映画はあまり知られていない。出演しているのは、2pacとティム・ロスとサンディ・ニュートン。この映画の完成直後に2pacは銃殺されたらしい。
ドラッグ断ちを新年の目標にしたふたりのジャンキーの姿をオフビートなタッチで描いた一編。






d0206245_614126.jpg
【スワロウテイル】
監督 岩井俊二
出演 三上博史 chara 伊藤歩 江口洋介 渡部篤郎 山口智子 桃井かおり 大塚寧々

独特の映像感覚で話題を集める岩井俊二監督が、近未来の無国籍都市を舞台に、バイオレンスと夢のきらめきを描く。かつて世界一強い円の力で栄えた円街(イェンタウン)。

d0206245_6214635.jpg
母親を殺された少女・アゲハと暮らす娼婦のグリコは、客とのトラブルがもとで紙幣偽造のデータを手に入れる。中国系移民のヒョウたちとニセ札を作り億万長者となるグリコ。ヒョウは歌手を夢見るグリコのために、ライブハウスを買い取る。やがてグリコのバンドは大人気になるが、結局は金のいざこざで解散に。メンバーを買い戻そうと、アゲハは再びニセ札づくりを始める。しかしグリコにはスキャンダルを探る芸能記者が迫り、さらに紙幣偽造のデータを追う裏組織の影も近づいていた。セリフは日本語だけでなく、英語、中国語で話される。

この映画は確か俺が16歳ぐらいに作られたんだけど、邦画じゃないみたいで、昔から凄く好きな映画の一つだ。どうやって岩井俊二はこの映画を作れたんだろうと思う。シナリオも独特の世界感が出ていて、もう何度見た事か。役者の演技にも憧れを感じてしまう。この映画に関してはキャラクター設定が絶妙で、役者全員が見事にキャラになりきっている。物語の展開もわくわくして、画面から眼が離せなかった覚えがある。大人になった今でも、感想は変わっていない。


こんな感じで見て面白かった映画をこれから紹介してこうと思ってます。
人それぞれ趣味は違うだろうけど、参考になれば嬉しい限りです。

そう言えば、最近BECKが映画化されたけど、面白いのかな〜。漫画は面白かったけど、どうなんだろう。最近テレビも見てないし、出ている俳優もそんなに知らないから分からないけど、何故か見に行こうと思わないんだよな〜。
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2010-11-29 06:47 | 【映画】
本当の1発目
お待たせしました、皆様。
私の極秘テクニック、代々伝わる伝統の四十九手をお教えしましょう〜
えっと、まずですね〜
ペニスなんですが、言い方がリアルすぎるので、ここではジョンと呼びます。
まずジョンを股の奥に押し込み、太ももで隠します。
前から見るとジョンが見えないようにします。
そしておしりの方からジョンが出て来るようにします。
それで準備オッケー。
相手を四つん這いにして、自分も四つん這いになり、おしりとおしりをにらめっこさせます。
そこにジョンを相手のプッシーにぶち込んでみましょう。
最初は抵抗がありますが、やってみるうちに段々笑けて来るでしょう〜
それが私の家の代々伝わる伝統の四十九手でございます。
ってコラッ!!

こんな感じでいいですか?健次く〜ん
1発目、2発目はですね〜
ブログを開設してくれた大阪在住のフリーカメラマン伊勢馬場健次30歳が俺に扮装して投稿したやつだから、意味わかんねえ感じになってます。
d0206245_12435598.jpg

これが健次ことpapan
彼が撮る写真はどれも格好良いぞ〜

っしゃ〜
ブログに挑戦だ!
頑張って続けてみせる!!

ありがとう健次!ブログ助かった〜
カメラも勉強になった。
俺も楽しみながらスキルを磨いていくわ!!
え?
なに?
いやいや、そんな・・要らないレンズとか、くれるって言われても・・、まぁ俺もNIKONやけど・・・それは悪いって。さすがにただでは、もらえんって・・・。
高いんやろ?・・・まぁ、くれるって言うんなら、・・・まぁ、もらってやってもよかけど・・。

んな感じで・・・。

昨日は健次が泊まって、次の日の昼間、暇やったから
「どっかブラ〜っと遊び行く?」と話してるうちに、ドライブに出かけ、
何故か岡本太郎美術館に行く事になった〜(以外と近いから)

d0206245_12542068.jpg

d0206245_20263798.jpg

d0206245_12571026.jpg

d0206245_20294029.jpg

すごい良い感じの紅葉に健次くんの心が少し癒されてました。

さてさてここが美術館。
d0206245_20343356.jpg

小学生達が好き放題やってました。
d0206245_2035158.jpg



d0206245_20361041.jpg


d0206245_2038541.jpg

d0206245_20372649.jpg

d0206245_2038523.jpg

d0206245_20395012.jpg

d0206245_2040519.jpg

d0206245_2041624.jpg

d0206245_2042555.jpg

d0206245_20432673.jpg

今回は岡本太郎以外にも池田龍雄(通称イケタツ)の作品も見る事が出来ました。
芸術は素晴らしいです。
800円で結構な良い刺激をもらえたような気がする。
頑張るぞ!!
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2010-11-27 20:52 | 【日記】
2発目 俺のビジュアルについて
おっす。本日2回目の更新!
またキミに会えたね!(キミって誰だよ〜笑)

記念すべき2回目の更新は、ズバリ俺の容姿について!

みんなからは「イケメン」ってよく言われるんだけど、
正直そんな月並みのフレーズには収まってないと思うんだよね、俺。


まずは顔。
よく「関西?」て聞かれるけど、実はチャキチャキの九州男児!
d0206245_202166.jpg


気に入ってるのはスラッと伸びた首もと。
最近「般若」のタトゥーを入れたんだ。
d0206245_20211675.jpg


そして太くたくましい腕。
広げたポースが気に入ってるんだけど、これは自分の包容力を表現!
d0206245_20212681.jpg


「地に足が付いてるね」ってよく褒められる足もと。
昔ラグビーやってたから実は結構俊足なんだよ。
d0206245_2021369.jpg



とまぁこんな感じで、ちょっとは俺のビジュアルクオリティの高さがご理解頂けたかな?

でわ、次回のテーマ

「俺が考えた四十九手目の秘技」

お楽しみに!
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2010-11-26 21:05 | 【日記】
1発目 祝ブログ開設!
おっす!
俺、「冬馬」って書いて「トウマ」ってんだ!ヨロシクな!
年齢は「只今華の三十代満喫してます!」ってところで、今が一番輝いてる時!

で、早速なんだけど、「自分で自分にインタビュー」やります!

●性格は?
昔ヤンチャしてたってのもあるんだけど、みんなの兄貴的存在っていうのがピッタリの表現かな?(自分で言うか!笑)

●好きな音楽は?
基本「音」ならなんでもOK!ジャンルなんかkankeiないね!

●仕事は?
詳しくは言えないんだけど「表現者」ってとこかな?

●年収は?
おいおい!だいぶ突っ込んだ質問だなー(笑)。
そうだね、年収は調布に住んでるってのであとはご想像にお任せします

●彼女はいるの?
ん〜それもいろんな女の子から聞かれるんだけど、答えはNO!
束縛されるのが嫌いだから彼女は作らない主義なんだ。

●趣味は?
趣味は「自分自身」!いろんなヤツらに会ってきたけど、
自分ほどアグレッシブでやることなすことカッコイイ人間はいないよね。飽きないんだよね正直

●学生時代は?
さっきも書いたけどとにかくヤンチャだったよね。口より先に手が出ちゃうっていうか。筋の通らないことが大嫌いなんだ。おっと、もちろん今は落ち着いてるよ(笑)

●最後に読者へ一言
え?もう質問終わり!?あ、そう…
ん〜っと、ブログ始めました!毎日俺のナウな情報を発信していきますんでチェケラっ!(キメッ)
d0206245_190334.jpg

[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2010-11-26 19:04 | 【日記】
| ページトップ |


外部リンク
検索
カテゴリ
最新の記事
GW
at 2015-05-03 12:06
クランクアップ
at 2015-04-28 19:08
助監督は・・・
at 2014-12-07 00:07
北九州監禁殺人事件
at 2014-06-06 13:12
ホドロフスキーと禅
at 2014-04-28 23:00
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin