Top

気鋭クリエイターである俺の「俺情報」をいち早く発信!
by petro-atin
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
死海文書
こちらのサイトから抜粋
d0206245_13573632.jpg

『死海文書』とは何か?

 1947年、春のことである。場所は中東。死海の北西岸、「クムラン」と呼ばれる地域で、3人のベドウィンの羊飼いの少年が、逃げた羊を捜していた。

 死海は、ヨルダンとイスラエルの国境にある塩湖。湖面は海面下400メートル、地上で最も低い場所だ。周りには洞窟も多い。

 羊飼いは、羊の姿を追って洞窟を一つ一つ覗いていった。と、ある洞窟で不思議な物を発見する。

 それは、高さ60センチほどの壷であった。数は10個。中を検めてみると、奇妙な文字の書かれた多数の巻物が出てきたところどころちぎれ、饐えた臭いを発しているところから見て、相当古い物のようだった。が、埃を払って良く見ると、記された文字は、まるで昨日書かれたかのように鮮明だったのである。しかも、巻物の表面は滑らかで、妙に艶めいてさえいた。

 少年はとりあえず、それらを持ち帰った。これが、今世紀最大の発見と称される『死海文書』の、最初の発見であった。巻物は、同じ年の3月にエルサレムの聖マルコ修道院の大主教アタナシウス・イェシュア・サミュエリの手に渡った。

 巻物を一目見て、大主教は我が目を疑った。そこに書かれていたのは、2000年も前に死語になった古代ヘブライ語だったのである。とすれば、当然この巻物は、少なくとも2000年以上も前の物ということになる。

 試みに、彼は巻物の端を切り取って焼いてみた。すると、皮革の焦げる臭いに混じって、これまで嗅いだ事の無い奇妙な匂いが立ち込めたのである。

 この巻物には、何らかの防腐処理が施されているのではないか、と彼は思った。2000年も前の物でありながら文字が鮮明なのは、その為かもしれない。

 しかし、多くの古文書に接してきた彼も、このような防腐処理のことなど聞いたことが無かった。もしもそうなら、この巻物を製作した人間たちは、未知の防腐処理により、この巻物を悠久の未来まで残そうとしたことになる。

 では、一体誰がどのようなメッセージを?

 彼は、様々な専門家にこの巻物を見せた。その相談に乗った一人が、ヘブライ大学教授、エレアザル・スケーニクであった。ほとんどの学者達が、この巻物を無視した中で、スケーニクはその価値を見抜いた。彼の鑑定により、この巻物の全貌が徐々に明かされろ事となるのだ。

だが、巻物表面に施された防腐処理剤だけは、いかなる化学分析をもってしても、その成分は突き止められなかったのである。

『死海文書』だけの『聖書』にない予言

 『死海文書』は、その後の発掘調査などでぞくぞく発見された。

 いずれも古代ユダヤ教の聖典群で、『旧約聖書』の代表的予言書である「イザヤ書」の2つの立派な写本をはじめ、多くの『旧約聖書』の写本が含まれていた。

 これらの写本は、それまでに知られていた主要なヘブライ語写本よりも1000年近くも古い物であり、『旧約聖書』の研究においては、画期的な意味を持つ物であった。

 だが、更に興味深いのは、写本の中に、これまでいかなる文献にも登場したことがなく、聖書学の専門家でさえその存在を知らなかった、謎の文書群が含まれていたことだ。

 その謎の文書群とは、大別して次の7つ。

①「宗規要覧・会衆規定」:宗教結社の戒律が記された書。『死海文書』を製作した教団内の宗規であるとともに、「世の終わりの集まったイスラエルの全会衆のための規律である」と記されており、、終末時の地獄の業火が象徴的に描写されている。そのとき、「アロンのメシア」「イスラエルのメシア」と呼ばれる2人の救世主が現れるという。

②「感謝の詩編」:20の詩編からなる。宇宙的な規模の破局を描いた壮大な叙事詩であり、来るべき人類の破滅の様相が非常、かつ克明に描写されている。

③「光の子と闇の子の戦い」(「戦いの書」):「光の子」と「闇の子」と呼ばれる2派の戦いが記されている。

④「ハバクク書注解」:『旧約聖書』にある予言書「ハバクク書」の注解という形をとる予言書。

⑤「外典創世記」:ヘブライ語の方言の一つ、アラム語で書かれている。『旧約聖書』の「創世記」の物語の異本。

⑥「モーセの言葉」:神がモーセを召して命じた言葉に始まり、次にモーセがイスラエルの全会衆に語った決別の言葉が続く。

⑦「奥義の書」:「秘密」もしくは「奥義」を意味する語が頻出する謎の文書。「奥義の黙示」とも言われる。
これらの文書は、いずれも羊皮紙がパピルスの巻物にインクで書かれていたが、それ以外に、銅板に彫り付けた物もあった。

 そして、この銅板こそ、この謎の文書を書いた人々の正体を突き止める、最大の手がかりとなったのである。というのも、そこには莫大な金銀財宝の隠し場所と、その所有者と目される「クムラン宗団」の名が記されていたのだ・・・・
続きはこちら
[PR]
Top▲ | by petro-atin | 2011-12-28 13:55 | 【謎】
<< 帰路に途中、大阪で旧友と・・ん... | ページトップ | ヴォイニッチ手稿 >>


外部リンク
検索
カテゴリ
最新の記事
GW
at 2015-05-03 12:06
クランクアップ
at 2015-04-28 19:08
助監督は・・・
at 2014-12-07 00:07
北九州監禁殺人事件
at 2014-06-06 13:12
ホドロフスキーと禅
at 2014-04-28 23:00
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin